一般歯科 むし歯の原因や予防方法について | 岩手県 一関市 ホンダ歯科クリニック

ホンダ歯科クリニック
一般歯科・小児歯科・口腔外科 日曜も診療 衛生士募集 スタッフ募集

一般歯科

むし歯について

セルフケアを徹底し、バイオフィルムを防止することが大切です!

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。


むし歯のメカニズム

  • ミュータンス菌が活動を開始
    むし歯のメカニズム (1)
    ミュータンス菌が活動を開始!

    口腔内にはミュータンス菌が住んでいます。
    食事をして歯に残った糖をエサにして、菌は活動をはじめます。

  • 食べた糖を分解してプラークを作る
    むし歯のメカニズム (2)
    食べた糖を分解してプラークを作る

    ミュータンス菌は、食べた糖を分解してプラークを作ります。

  • ミュータンス菌が増殖
    むし歯のメカニズム (3)
    ミュータンス菌が増殖

    プラークからミュータンス菌が増殖します。

  • ミュータンス菌が酸を生成
    むし歯のメカニズム (4)
    ミュータンス菌が糖を発酵させて酸を生成

    増えたミュータンス菌は、
    糖を発酵させて乳酸なとの酸を生成します。

  • 酸が歯を溶かしてむし歯になる
    むし歯のメカニズム (5)
    酸が歯を溶かしてむし歯になる

    高濃度の酸で歯を溶かして、むし歯になってしまいます。


入れ歯について

入れ歯でお悩みではありませんか?

入れ歯は決して見た目だけのためのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。

また、入れ歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。

当院では、金属床入れ歯をはじめ、薄くて軽いバネのない新しい入れ歯も用意しておりますので、現在入れ歯を検討している、または入れ歯を利用しているが、自分に合っていないようだ・・・などお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。


根管治療について

自分の歯を保つ為には、とても大切な治療です!

根管(こんかん)とは歯の中にある歯髄(神経)のある箇所を言います。むし歯が歯髄まで進行してしまうと、神経を取った後、神経のあった歯髄をきれいに清掃、消毒をした後、根の先まで薬を入れて処置をする治療です。

この場合、神経を取ってしまっても、まだ歯を抜く必要はありません。土台となる根管治療(歯の根の治療)をしっかり行う事で歯を保つ事ができるので、歯を残すためには最も大切な治療です。


PAGE TOP